ひろば全協とは入会のご案内活動案内各地のひろば

 
会員の皆様へ セミナー・講座 広報活動・情報提供 調査・研究・書籍 自治体の皆様へ
ひろば保険
コンサルテーション

リーダーシップ研修
ブロック別交流会
総会
情報紙

メールニュース
 支援士二種
 支援士一種
 コーディネーター
 
スキルアップ講座
 研修セミナー
 セミナーフォーラム
 共催・後援事業
 提言・意見書
 プレママ・パパ支援
 エッセイ&フォト
 0123育ちの詩

 0123育ちの詩2
 私の3・11
 パブリシティ
 参考資料
 
リンク集
 書籍販売
 厚生労働省調査研究
 アウェイ育児
 
コーディネーター研究
 ガイドライン研究
 プログラム開発
 障害者支援研究
基礎研修
応用研修
ひろばコンサル講義型
子育て支援員研修
 


終了報告
 平成27年4月から始まっている「子ども・子育て支援新制度」。その中で新しく制度化された「利用者支援事業は、子育て家庭に身近な場所で、家庭の個別ニーズに応じて地域の様々な事業やサービス、子育て支援活動等をコーディネートすることで、その家庭が地域の中で子育てしていくプロセスをサポートする事業です。
 フォーラムの第1部では、実際に利用者の方から経験談を語っていただくとともに、第2部では、支援者、行政、有識者の方々をお招きしてこれからの利用者支援事業について大切にすべきポイント等について検討しました。
 二人の利用者の方と支援者の視点の両面から話を聞くことによって、より具体的に利用者支援事業を理解することができて良かったという感想をたくさんいただきました。
開催概要
日時 平成28年1月24日(日)13:30〜16:30
会場 東京ウィメンズプラザ B1ホール(東京都渋谷区神宮前5-53-67)
対象者 子育て中の親子、利用者支援事業に関心のある方、行政関係者等
参加者数 222名
チラシ
主催
NPO法人子育てひろば全国連絡協議会
レクチャー
利用者支援事業の紹介 奥山千鶴子 NPO法人子育てひろば全国連絡協議会 理事長
トークセッション
[コーディネーター] 大豆生田啓友さん 玉川大学 教育学部 乳幼児発達学科 教授
[セッション参加者] 子育てひろばの利用者の方お二人
 コーディネーターの玉川大学の大豆生田先生と利用者の方々のやり取りは終始あたたかな雰囲気で進み、産後の大変な時期に地縁のない場所で子育てを始めた話では、お二人の不安感や孤独感が会場にもひしひしと伝わってきました。身近な場所にひろばがあること、毎日開いていること、そして温かく迎え入れることの大切さ。そして、利用者が心を聞くまでのプロセスは、決して簡単なものではなく、利用者を尊重した相談や支援のあり方を考えさせれる貴重な機会にもなりました。
パネルディスカッション
[コーディネーター] 坂本純子 NPO法人子育てひろば全国連絡協議会 副理事長
[パネリスト] 大豆生田啓友さん 玉川大学 教育学部 乳幼児発達学科 教授
  原美紀さん 港北区地域子育て支援拠点どろっぷ 施設長
松田妙子さん NPO法人せたがや子育てネット 代表理事 
[コメンテーター] 厚生労働省 雇用均等・児童家庭局 総務課 少子化総合対策室
  橋本真紀さん 関西学院大学 教育学部 教育学科 教授
 第2部は、支援者側がどう感じて、どう関わっていったのかという話から始まり、第1部の利用者の方々が、実際に利用されていた拠点の支援者のお二人に登壇いただきました。まず大切なことは、利用者を温かく迎え入れ、居場所としての信頼を得ること、その上で、専門職や友人など利用者を取り巻く環境を 最大限に活用し、「利用者」と「地域」双方に働きかけること。個別ニーズに応じた子育ての体制を地域につくることを支えた結果、利用者自身も地域の大切な資源に変化していくという経緯が、支援者の役割を語っていただくことでしっかり伝わってきました。
 関西学院大学の橋本先生はこれまでの研究をもとに取り組みの主体を利用者自身に置き、利用者のカを信じることが早期の予防的支援にもつながると解説してくださいました。また、大豆生田先生も利用者主体を丁寧に実践していくことの大切さや、利用者支援事業が拠点の中にあることの意義と体制について投げかけてくださり、多くの示唆をいただきました。
◆厚生労働省雇用均等・児童家間総務課少子化総合対策室室長 野村知司さん  
 子ども・子育て支援新制度がスタートして一年が経とうとしています。新制度の実施を通じて、隠れていたニーズや新たな課題が浮かび上がってきたり、次のステップに向けての動きが始まったり、地域によって色々な状況があろうかと思います。
 そうした中で、個々のニーズを把握して支援につながり、また地域のネットワーク構築や新たな社会資源開発を担う利用者支援事業がどう展開されていくかは、子育てがしやすい地域社会を創っていくためのポイントの一つだと考えています。
 地域子育て支援拠点の実践の中で、スタッフの方々を含めて子育て中の親子同士が出会い、子育ての先輩後輩として様々な経験・情報を共有したり相互に相談したりという中から、地域の子育て家庭の状況をよりリアルに踏まえた支援の在り方も見えてくると思いますし、現に地域の社会資源のコーディネートに取り組まれているところもあると思います。そうした活動をより発展させるものが利用者支援事業です。
 子育てひろば全国連絡協議会の皆様におかれても、子育てしやすい地域社会づくりに向けて大きな夢とビジョンを抱いて引き続きご活躍いただけるよう期待しています。私どもも、そのための環境を整えられるよう、微力を尽くしたいと考えています。
◆アンケートより
・当事者と支援者の両方の話を具体的に聞くことができ、多くの気づきをいただきました。
・一方的な支援でなく、利用者が地域の資源として活躍したり、資源を自ら開拓できる人となっていく可能性を持っていることを知った。
・当事者が本来持っている力が地域でどのように発揮されていくかがわかった。
・利用者、支援者、行政、学識者、各視点からの意見が聞けて良かった。
 
*本事業は、住友生命助成事業〜未来を強くする子育てプロジェクトの助成金により実施しております




Copyright2019 NPO法人子育てひろば全国連絡協議会 All Right Reserved