ひろば全協とは入会のご案内活動案内各地のひろば

 
会員の皆様へ セミナー・講座 広報活動・情報提供 調査・研究・書籍 自治体の皆様へ
ひろば保険
コンサルテーション

リーダーシップ研修
ブロック別交流会
出前研修
総会
情報紙

メールニュース
 支援士二種
 支援士一種
 コーディネーター
 
スキルアップ講座
 
フォローアップ
 研修セミナー
 セミナーフォーラム
 後援事業
 提言・意見書
 0123育ちの詩

 0123育ちの詩2
 私の3・11
 パブリシティ
 参考資料
 
リンク集
 書籍販売
 アウェイ育児
 
コーディネーター研究
 ガイドライン研究
 プログラム開発
 障害者支援研究
基礎研修
応用研修
ひろばコンサル講義型
子育て支援員研修
 


 全国の皆様より心に残るメッセージをいただきました。ありがとうございました 
 2011年3月11日の東日本大震災で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。3.11の震災では、乳幼児の子育て家庭が、災害弱者として寄る辺なき存在となる課題が残されました。また家族、命、日頃の備え、地域とのつながりなど、震災を通してあらためて見えたこと、伝えたいこともあると思います。
 そこで、ひろば全協では、乳幼児家庭に関わる方々からのメッセージを冊子にし、災害対策や復興施策に「乳幼児家庭への支援の視点」が抜け落ちることがないよう、社会に発信していきたいと考えました。
 応募は、被災地、被災者の方々のみならず、「全国」の乳幼児家庭の方、また、子育て支援に関わる方々からもお待ちしています。震災を通して感じてこられたこと、経験されたことをエッセイや写真でぜひお寄せください。
募集対象  「全国」の乳幼児家庭の方、子育て支援に関わる方など
応募方法


1.自作で未発表・未投稿のもの。
2.応募は各部門1人1点に限る。
3.既定のエントリーシートに必要事項を記入し、エッセイ・フォトに添えてお送りください。E-mailでも受け付けます。
チラシ 子育てひろば0123メッセージ〜3.11のチラシです ←こちらからダウンロードできます(PDF版)
原稿用紙 400字詰原稿用紙(PDF版) 400字詰原稿用紙(WORD版) 
200字詰原稿用紙(PDF版) 200字詰原稿用紙(WORD版) 
締切 2012年9月18日(火) 当日消印有効
選考 事務局による選考の後、審査委員会により選考いたします。
発表 2013年2月頃、冊子にて発表し、全国の子育て支援拠点やマスコミ等に配布いたします。
 ・入選者にのみご連絡をいたします。
 ・入選者には、冊子および記念品が贈られます。


 

イラスト 相野谷由紀

エッセイ @ 800 〜 1200字以内。400字詰め原稿用紙またはA4縦書き400字(20字×20行)で3枚まで。手書き、ワープロ(パソコン)可。
A 登場人物や団体等について、公開される可能性がある旨を了承いただいた上でご応募ください。
フォト @ 写真と写真にまつわるコメント200字以内。
A E-mail添付で応募する際は、JPEG形式500KB以上の写真を推奨いたします。
B 被写体となった方や登場人物等について、公開される可能性がある旨を了承いただいた上でご応募ください。

審査委員会 (50音順)
おち とよこさん (ジャーナリスト・作家)  
 ジャーナリスト、作家、高齢問題研究家。介護や医療、教育、育児、暮らし、それにまつわる家族、女性問題を中心に、新聞、雑誌、書籍への執筆のかたわら、講演、テレビ等に出演。国や自治体委員を歴任。主な著書に「一人でもだいじょうぶ 晴ればれ冬じたく」日本評論社、「入院・介護SOS」創元社、「現役世代のための介護手帖」平凡社新書他、「生活図鑑」「料理図鑑」「ただいまお仕事中」福音館書店、「私の生き方整理帖」日本評論社など絵本、児童書も多数。
柴田愛子さん (りんごの木子どもクラブ代表・絵本作家)
 1948年東京生まれ。保育歴40年。東京都の私立幼稚園で10年間幼稚園教諭を経験した後、1982年、「子どもの心により添う」を基本姿勢とした「りんごの木」を発足。以来30年間、子どもと遊び、子どもたちが生み出すさまざまなドラマをおとなに伝えながら、子どもとおとなの気持ちのいい関係づくりをめざしている。実際に子どもにあったドラマを絵本にしている。保育、講演、執筆、と様々な子どもの分野で活動中。
新沢としひこさん(シンガーソングライター)
 1963年東京生まれ。シンガーソングライター。元保育者。明治学院大学社会学部社会福祉学科卒業。神戸親和女子大学客員教授。中部学院大学客員教授。学生時代よりライブハウスで音楽活動を始める。東京・豊島区の保育園で保育者を経験後、1987年より月刊『音楽広場』(クレヨンハウス)に毎月歌を連載し、CDや楽譜集を発表。そのなかの代表作「世界中のこどもたちが」(作詞・新沢としひこ 作曲・中川ひろたか)は小学校の音楽の教科書に採用。 卒園ソングの定番「さよならぼくたちのようちえん(ほいくえん)」(作詞・新沢としひこ 作曲・島筒英夫)は2011年3月日本テレビでスペシャル
ドラマ「さよならぼくたちのようちえん」のタイトルとなる。ソロ・コンサートをはじめ、ケロポンズ・中川ひろたかなどとジョイントコンサート、工藤直子との詩と歌のコンサートや、保育士講習会講師、講演会と年間多くのステージをこなすかたわら、CD制作のほか児童文学の執筆、雑誌にエッセイを発表したり、絵本を出版するなどマルチに才能を発揮している。2012年、新沢としひこオリジナル配信サイト「新沢音楽学校」を開設。
高野優(たかのゆう)さん(育児漫画家・絵本作家)
 育児漫画家・絵本作家。高1・中2・小4の三姉妹の母。NHK教育テレビにて「土よう親じかん」(2008年4月〜2009年3月)、「となりの子育て」(2009年4月〜2011年3月)の司会を務め、子育てパパ・ママからの支持も厚い。著書は「コドモスクランブル」(講談社)「よっつめの約束」(主婦の友社)等、約40冊。台湾、韓国でも翻訳本が出版されている。
  講演会では、マンガを描きながら話をするという独特なスタイルで、育児に関するテーマが人気。
野口比呂美さん
(NPO法人子育てひろば全国連絡協議会副理事長) 
  山形県寒河江市生まれ。1991年長女を出産後、育児サークルを結成。1998年育児サークルのネットワーク「やまがた育児サークルランド」(2003年NPO法人)を立ち上げ代表に。子育てしやすい地域づくりをめざし、サークル・NPO支援、育児情報提供、保育、女性の人材育成、調査研究等の活動を展開している。2002年より山形市で『子育てランドあ〜べ』を運営。東日本大震災後は山形で避難家庭の子育て支援に幅広く取り組む。2006〜2010年山形市教育委員。
注意事項
・掲載の際はペンネームも可。
・著作権は作者にありますが、使用権は主催者が有します。
  主催者はエッセイ・フォト等を新聞、雑誌、インターネットなどで使用することがあります。
・国籍は問いませんが、日本語で書かれたものに限ります。
・選考に関するお問い合わせはご遠慮ください。
・送付中の原稿などの紛失については責任を負いかねます。
・応募者の個人情報は、審査および運営に必要な範囲で利用し、第三者へ提供いたしません。
・原稿や写真は返却いたしませんのでご了承ください。
・掲載の都合上、句読点、算用数字、カギ括弧などの調整をすることがあります。
・エッセイについては、冊子掲載時には縦書きになります。 
応募・お問い合わせ先
NPO法人子育てひろば全国連絡協議会
〒222-0037 横浜市港北区大倉山3-19-18
TEL: 045-531-2888 /045-546-9970  FAX: 045-512-4971

この事業は平成24年度年賀寄附金配分事業で実施しております






Copyright2016 NPO法人子育てひろば全国連絡協議会 All Right Reserved