ひろば全協とは入会のご案内活動案内各地のひろば

 
会員の皆様へ セミナー・講座 広報活動・情報提供 調査・研究・書籍 自治体の皆様へ
ひろば保険
コンサルテーション

リーダーシップ研修
ブロック別交流会
出前研修
総会
情報紙

メールニュース
 支援士二種
 支援士一種
 コーディネーター
 
スキルアップ講座
 
フォローアップ
 研修セミナー
 セミナーフォーラム
 後援事業
 提言・意見書
 0123育ちの詩

 0123育ちの詩2
 私の3・11
 パブリシティ
 参考資料
 
リンク集
 書籍販売
 アウェイ育児
 
コーディネーター研究
 ガイドライン研究
 プログラム開発
 障害者支援研究
基礎研修
応用研修
ひろばコンサル講義型
子育て支援員研修
 

地域子育て支援拠点事業に関するアンケート調査
ひろば全協では、地域子育て支援拠点事業が利用者の親子に果たす役割を明らかにするための調査研究を2015年から2年間かけて実施いたしました。
■地域子育て支援拠点事業に関するアンケート調査2015
アウェイ育児72.1%
「つながり」をつくり、アウェイをホームに変える地域子育て支援拠点には大きな力がありました!!
 2015年度は会員・非会員の中から無作為抽出で合計240の地域子育て支援拠点の利用者に調査を実施し、母親1,175人からアンケートの回答をいただきました。自分の生まれ育った町から離れた場所での子育て=アウェイ育児は、72.1%。今回の調査では、地域子育て支援拠点を利用することで、親子の仲間ができ、情報や地域とのつながりも広がっていることが確認できました。
地域子育て支援拠点事業に関する
調査2015概要版(PDF)
■地域子育て支援拠点事業に関するアンケート調査2016
地域子育て支援拠点はアウェイをホームに変える!
つながりを紡ぎだす身近な拠点は、地域への入口でした
 2016年度は、2015年度の調査結果をもとに拠点利用後の効果と拠点での取組みを統計処理した結果、「土日の開設」「拠点で昼食をとることができる」の項目において高い有意差が出ました。次に、拠点事業実践団体へのヒアリング調査を行い、拠点が「つながり」を紡ぎだすために果たしている役割やその視点・意図について考察しました。今回の調査により、利用者にとって身近な地域子育て支援拠点は、つながりを紡ぎ、「アウェイ」を「ホーム」に変える力を持ち、地域への入口としての機能を果たしていることが分かりました。
地域子育て支援拠点事業に関する
調査2016概要版(PDF)
「地域子育て支援拠点における「つながり」に関する調査研究事業2015 報告書」
「地域子育て支援拠点における「つながり」に関する調査研究事業2016 報告書」
【調査概要】調査研究名「地域子育て支援拠点事業に関するアンケート調査」
◆地域子育て支援拠点における「つながり」に関する調査研究事業委員会(敬称略)
主任委員 岡本聡子 NPO法人ふらっとスペース金剛 代表理事
委員 小川由美 NPO法人アンジュ・ママン 施設長
(五十音順) 奥山千鶴子 NPO法人びーのびーの 理事長
  中橋惠美子 NPO法人わははネット 理事長
  安田典子 NPO法人くすくす 理事長
  山田智子 NPO法人子育て応援かざぐるま 代表理事
◆量的調査
(1)調査対象:
    地域子育て支援拠点事業を運営する240団体
    1団体あたり10人程度、計2400人の母親に調査票を無作為配布
(2)調査内容:
    @事業実施団体調査(運営形態・主体、利用者数、スタッフ配置など)
    A事業利用者調査(拠点の利用頻度、回答者自身の年齢、就労状況、
     地域や友人等とのつながり状況、拠点利用前後の子育ての状況の変化など)
(3)調査方法:
    郵送配布・郵送回収(利用者には団体を通じて配布、回収は直接郵送)
    *今回の調査は会員団体のみならず、非会員団体も対象として、配布エリアに
     偏りがないよう全都道府県に配布。
    * 調査票の回収・集計は(株)サーベイリサーチセンターによって実施。
(4)調査期間:2015年11月1日〜11月30日
(5)回収結果                                     
  対象数 有効回答数 有効回答率
@団体調査 240団体 172団体 71.7%
(うち)ひろば全協会員 79団体 68団体 86.1%
(うち)ひろば全協会員外 161団体 104団体 64.6%
A利用者調査 2,400人 1,175人 49.0%
◆ヒアリング調査
(1)調査対象:地域子育て支援拠点事業を運営する6団体を無作為抽出
(2)調査内容:
    @2015年度に行った利用者アンケートから、効果のあった項目について、
      団体の取り組みとの関係を集計
    A@と並行して、調査対象団体から無作為に6団体を抽出して、
      ヒアリングを実施
    *調査は会員団体・非会員団体を対象として、エリアに偏りがないよう
     全調査対象団体から無作為抽出。
    *調査票の集計は潟Tーベイリサーチセンターによって実施。
(3)調査期間:2016年11月1日〜2017年1月31日
本調査研究は住友生命助成事業〜未来を強くする子育てプロジェクトの助成金により実施しております。





Copyright2016 NPO法人子育てひろば全国連絡協議会 All Right Reserved